新着ニュース

24

舩井勝仁のウィークリーレポートにて紹介されました。
http://www.ningenclub.jp/blog02/archives/2017/04/post_1762.html

ここから引用開始----------------------------------------

今日は出版記念講演を
聞けなかった三浦先生の『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』
(きれい・ねっと)のご紹介をしようというのが本題です。

 講演前に購入させていただいてサインをいただいたものの、京都から
成田経由、イスタンブール経由でイスラエルまでの長旅の間ずっと赤塚
さんが一緒なので、飲み続けて本は読めないだろうと思っていました。
ところが、イスタンブールに着く前に時間があったので何気なく読み始
めると、あまりにも面白くて着陸前に読み終えてしまいました。

 幸いにもいまのところガンの心配をしなければいけない状態にはない
ので、それほど興味はなかったのですが、本当におもしろくて三浦先生
のお人柄がさらに好きになりました。医学書にありがちな難しい内容の
羅列やどうすれば治療に成功するかということだけではなく、三浦先生
の人生を振り返ったとても興味深くて読みやすいストーリーになってい
るのも魅力です。

 まえがきにあたる「開校のご挨拶」から少し引用しますので、雰囲気
を味わっていただければ幸いです。


(引用開始)

 ただ、ここで最も重要なことは、ガンを含むすべての病気に共通して
言えることなのですが、治すのは医師である私ではなく、あくまでも患
者さんご自身だということです。

 特に統合医療においては、病院で受ける治療と合わせて家庭でできる
セルフケアを行っていただくことで、治療の効果が飛躍的に高まります。
「自分の病気は自分で治す」「治療法は責任を持って自分で決める」
「自分の人生は自分で切り開いていく」という決意と共に、日々自分
自身で学び、セルフケアを行っていただくことが必要不可欠となるの
です。

 人間には、心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を
治す力や機能である自然治癒力が備わっています。そして、少し幼稚な
言葉に聞こえるかもしれませんが、人には必ず自分自身の自然治癒力を
発動させる「自然治癒力発動ボタン」というものがあるのです。

 患者さんを診させていただいていると、「この方の自然治癒力を発動
させるポイントはおそらくここだな」ということは分かります。しかし、
私にできるのはそれをお伝えするところまでで、発動させるボタンを押
せるのは患者さんご自身だけなのです。

 私や他人が無理やり押しても、残念ながらこの自然治癒力のシステムは
うまく働きません。もし一時的に良くなることがあったとしても、根本的
に病気と向き合うことができていなければ、また再発してしまうことも多
いのです。

(引用終了)


 これを見ただけで、ワクワクして読みたくなりませんか?

引用ここまで----------------------------------------
Rendo錬堂の日記
http://ameblo.jp/rendosugimoto/entry-12264299862.html

ここから引用開始----------------------------------------

天城流湯治法の指導者で
大阪で免疫力の大家
三浦直樹先生が
ガンになってしまった人のための
本を出版しました
新次元の「ガンの学校」
今までと全く違った、
腑に落ちる理論が…満載
ヘエーーーっと
思う事ばかりです



引用ここまで----------------------------------------

舩井勝仁のウィークリーレポート 2017/1/25更新
超プロ情報の接し方にて
http://www.ningenclub.jp/blog02/archives/06kreport/2016/

日月神示的な生き方』出版記念講演会をご紹介いただきました。

引用開始

どうしてこのタイミングでメグリを落とす重要性に気がついたかと言うと、
1月29日(日)に身魂磨きの大切さを世に示してこられた中矢先生との共著
「日月神示的な生き方」(きれい・ねっと)の出版記念講演会があるからです。
 いい加減な私は、いつも中矢先生と一緒に何かをするときは緊張します。
最近は厚かましくなって、あまり緊張することがなくなったのですが、それでも
中矢先生は本質的な意味で緊張する数少ない大人(たいじん)のお一人なの
です。この講演会が成功するためには、ここでより一段の身魂磨きをする必
要があったのだろうと思っています。

 晩年の父は「超プロ」が大好きでした。経済の分野なら副島隆彦先生や朝
倉慶先生というふうに、自分が知らない情報を教えてくれる先生のことを超プ
ロと呼んで、その情報を本当に大事にしていたのです。
 中矢先生は父から見ると目に見えない世界のことを教えてくれるというか
共有してくれる、大好きな超プロだったのだろうと思います。中矢先生の扱っ
ている情報の中には、一般の人には秘密にしておかなければならない裏の
情報も含まれていて、それを教えてくれる中矢先生をリスペクトしているとい
う面もあったのだと思います。
 父が超プロの方の情報に接するときに大事にしていたのは、その情報を
リスペクトするということでした。情報はタダではありません。超プロの先生方
がものすごい苦労をして得た本質の情報なので、それに金銭という対価で応
えることも重要で父は自分の主催している勉強会の講演料などでは絶対に
値引きを要求しませんでした。
 それにもまして、超プロの方が喜ばれたのは、その情報の内容をきっちり
と理解して的確なレスポンスをすぐに返すということでした。

 中矢先生の情報に対して、父がどのようなレスポンスを返していたのかは
私はよく知らなかったのですが、『日月神示的な行き方』の対談をしている時
にも、「とても本には書けませんが......」という本質的な情報がポンポンと飛び
出してきて、それを問題のない形できれいにまとめた山内尚子社長の力量は
中矢先生があとがきで書いているようにすごいものがありました。
 そういう意味では、山内さんが相当気を使って編集してくれたということが、
親しくさせていただいているからこそよく分かります。いい本なのに心躍るよう
な目新しい情報がないのは、ある面仕方がない事でもあるのですが、せっかく
の出版記念講演会なので、舩井幸雄が超プロの先生方にどのように接してい
たかを参考にしながら、中矢先生の情報の扱い方をお伝えできればと思って
います。
 超プロの扱い方も、実は中矢先生の得意とするところだと思っていますが、
そんな視点から父の想いを超えていく講演会にしたいと思っているのです。
引用ここまで
船井幸雄.com いま知らせたいことより引用
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201701004

引用ここから。

 父の想いを実現するということに関しては、1月29日に中矢伸一先生との共著『日月神示的な生き方』(きれい・ねっと)の出版記念講演会を東京で開催していただくことになっています。一般にオープンにできない情報を中心に講演会を開催している中矢先生は他社主催の講演会はほとんど断っているのですが、今回は特別にお話してくださることになりました。
 中矢先生の情報は本質的なものであり、深く理解ができなければ危ない劇薬でもあります。中矢先生があれだけ父のことを信頼してくれていたのは、父というフィルターを通すと真意が多くの人にちゃんと通じたからだと思います。私がどこまでその父の代わりをできるかは分かりませんが、『日月神示的な生き方』を上梓させていただいたことで、中矢先生の伝えたいことはそれなりに理解できましたので、得意の、中和するというかオブラートに包みながら、しっかりと本質を伝えるという作業をやっていきたいと思っています。今度は、父の飲みたかった白ワインをタイミングよく頼めるように、中矢先生の真意を分かりやすく皆さんにお伝えできるように精進したいと思いますので、ぜひ出版記念講演会におこしくださいね。

引用ここまで。

イベントのお申込みはこちらからどうぞ。
http://kilei.net/event/2017-01-29/
   ≪年末年始休日に関するお知らせ≫

   きれい・ねっとショップにいらしてくださり、まことにありがとうございます。

   株式会社きれい・ねっとは2016年12月29日(木)から2017年1月4日(水)まで
   年末年始の休日を頂戴いたします。

   申し訳ございませんが、休日中のお電話でのお問合せはお休みさせていただきます。
   またお休み中、ご注文、メールでのお問合せは受付いたしますが、
   書籍・商品のお届け、メールのご返信は
   新年1月5日(木)以降に順次対応させていただきますので、
   あわせてご了承のほど、お願いいたします。

   本年いただきましたご厚情に心より感謝申し上げますとともに
   穏やかな年の瀬、そして輝かしい新年をお迎えくださいますよう
   心よりお祈り申し上げます。

   愛と感謝をこめて。

                               株式会社きれい・ねっと
                               代表 山内 尚子 拝
10/22より販売致しました。

赤塚 高仁(著)舩井 勝仁(著)2016/10/22(発売)

謎に包まれた新約聖書の最終章
「ヨハネの黙示録」が伝える真実とは?
聖地をたどり時空を超え、
パウロ、ヨハネ、そしてイエス・キリストの霊に触れた
二人の黙示を受け取る旅が始まる。
イエスを十字架からおろして
エデンの園へと還るために西洋の封印を拓くのは、
ユダヤの兄弟、ヤマトの民としていまを生きるあなたです!


もくじ

まえがき 舩井勝仁

第1章 終末論の本質と黙示録
・事実ではなく真実を語る
・黙示録は終末論か否か
・終末論の背景にあるギリシャ的な世界観
・神を殺した女性の解放
・時間の流れを逆転させる

第2章 聖書に書かれている最大の秘密
・前例がないことへの挑戦
・キリストの霊との接触
・衝撃的なパウロとの出逢い
・「黙示録」を書こう
・「キリスト教」という矛盾
・聖書の始まりと私たちの本質
・智慧の実を食べた人間
・エデンの園を追放された人間
・聖書に書かれている最大の秘密

第3章 エデンの園に還る
・資本主義の限界
・時間感覚が戻っていく理由
・封印を拓くために必要なこと
・人類の近未来
・鍵を握る人工知能(AI)技術
・シンギュラリティ(特異点)
・まったく違う共有価値観をもつグーグルとアップル
・AIがもたらす共有価値観は何か
・最後の人間(The last human-being)
・エデンの園に還るために

第4章 黙示を観る旅
・黙示録を知るために必要なこと
・ヨハネとの対話
・イエスが最初に起こした奇跡
・足の裏で読む聖書
・ヨハネの黙示録
・ヤマト人が創る新しい黙示録

あとがき 赤塚高仁


♪著者プロフィール

著者プロフィール
赤塚 高仁(あかつか こうじ)
赤塚建設株式会社 代表取締役
1959年三重県生まれ。明治大学経済学部卒業。大手ゼネコンで営業を務めたあと、赤塚建設代表取締役。「所有から使用へ」というコンセプトで、定期借地権による世界標準の街づくりを事業化する。日本の宇宙開発の父、糸川英夫博士の一番の思想後継者。日本とイスラエルの交流に人生を捧げた糸川博士の遺志を継いで『日本テクニオン協会』の会長を務める。
赤塚建設株式会社公式HP
http://www.akatsukakensetsu.co.jp/

舩井 勝仁(ふない かつひと)
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役。2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミクロの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
にんげんクラブ公式HP
http://www.ningenclub.jp/



私から見た舩井勝仁 ~最近の舩井勝仁の動向より~

http://www.funaiyukio.com/f_doco/index_1610.asp

普段、舩井勝仁と行動を共にすることも多い、
きれい・ねっと代表の山内尚子さんによるコラムページです。
身近で舩井勝仁に接する中で、山内さんが感じることや、
舩井勝仁の日々の動向などを山内さん目線で語っていただきます。

毎月20日更新予定です。

作者川上由理子さんからのメッセージ

今年もこの季節がやってきました!

出版社きれい・ねっとさんより
2017年水彩画カレンダーを発行致します。

皆さまにとって、このカレンダーが小さなこどもの頃に描いた夢や
無邪気な気持ちを思い出させてくれる一冊であってくれたら
うれしく思います。ご自分用、ご家庭用、そしてプレゼント用にも
お使い頂けると思います♫ぜひ、色の持つパワーを感じてください




2016年10月29日(土) 京都無目的ホールにて
『聖なる約束3 黙示を観る旅』 出版記念講演会を開催します。

http://kilei.net/event/2016-10-29/

『聖なる約束3 黙示を観る旅』出版記念講演会

◇日時

 2016年10月29日(土)    
 15:00~18:10(14:00開場)

◇会場

無目的ホール
(京都市中京区御幸町通六角下ル伊勢屋町351 ヒューマンフォーラムビル3F)


◇参加費

 一般 3,500円 
 会員 3,000円 ※にんげんクラブ・文心くらぶ
 (参加費は当日会場受付にて承ります)
 
 懇親会
 講演会終了後、同会場にて講師を囲んでの懇親会を予定しています
 会費別途 3,000円

◇タイムテーブル

14:00 開場 サイン会
15:00 開会のごあいさつ 舩井勝仁さん講演〔60分〕
16:00 休憩〔15分〕
16:15 赤塚高仁さん講演〔60分〕
17:15 休憩〔15分〕
17:30 対談〔30分)
18:00 閉会のごあいさつ
18:30 懇親会〔120分〕


お問合せ・お申込み

 (株)きれい・ねっと

TEL:079-285-2215(月~金10:00~17:00)
FAX:079-222-3866(24時間受付)
Mail:info@kilei.net

お申込みフォーム
http://kilei.net/event/2016-10-29/form/

 お申込みは上記お申込みフォームへ記入頂くか、
 お電話、FAX、メールにて、以下事項をお知らせくださいませ。


お名前
ご住所
お電話番号
メールアドレス
会員の方は会員種別(にんげんクラブ・文心くらぶ )
懇親会へのご参加有無
「中矢伸一事務所 リアルタイムニュース」(vol.0175)
発行日:2016年10月1日より引用


『大調和の「ミロクの世」を創る 日月神示的な生き方』

版元は「きれい・ねっと」です。

ピンクの表紙からも感じられますように、やわらかく、ソフトな

語り口になっていますが、テーマとしては、けっこう取り扱いが

難しい、重たいものも含まれていると思います。

舩井勝仁さんは私より年下で、私のことを立ててくださるような

話し方をされるので、対談はとてもやり易かったです。

実際に交わされた話が、わかりやすく、よくまとまっています。



舩井幸雄.com 舩井幸雄のいま知らせたいこと
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201609001
健康の原点と神様ごはん (※舩井勝仁執筆)より引用

 医学博士の田中佳(よしみ)先生との出会いも最初はSNSでした。田中先生の講演会に行った人から、「手紙を開封するとき、封筒を横ではなく縦に切る。縦に切ったほうが中身を取り出しやすいから」という話をされたと聞き、枠にはまらずとても面白い発想をされる方だなぁと興味を持っていました。
 ご縁を頂いて、話をすると「お産の時に子がアトピーにかかるか決まる」「がん治療に抗がん剤や放射線治療は果たして有効なのか」といった現役の医師が勇気のいるような独自の視点をお持ちで、これはにんげんクラブの会員の皆さんにぜひ聞いてもらいたいと7月25日に「舩井フォーラム大阪大会」にご登壇いただきました。大好評だったので、またぜひ先生に話していただく機会を持ちたいと思っています。
 著作がいくつかありますが『健康の原点は食と腸にある』という小冊子がきれい・ねっとから500円で発売されています。100ページ余りの読みやすい量なのでこちらをおすすめしたいと思います。



9/1よりご予約受付け開始しました。
9/22より順次発送いたします。

『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』
中矢 伸一(著) 舩井 勝仁(著) 2016/09/22(発売日)

神道、宗教の本質、天皇論、
正しい食のあり方と健康法、金融経済と闇の勢力……。
何よりも大切なのは、
森羅万象に現れる◯ゝ(マルチョン)の片鱗を感じ取り、
誰でもない貴方自身が今すぐに動き出すこと。
超巨大な変化の大波を乗り超えて、
大調和の「ミロクの世」の扉を開くために
命がけで情報を発信する二人が示す、必読の実践書!


赤塚高仁さんのブログこれでいいのだ!
http://www.akatsukakensetsu.co.jp/news/2016/08/12-03733.html
より引用

時は今、封印が拓かれるとき
2016年08月12日

きれい・ねっと から出版された
「時は今 封印が拓かれるとき」読み終えました。

かなり不思議な本ですが、
おそらく本当のことでしょう。

 プレアデス「メシアメジャー」からのメッセージを受け取る、村中愛さん。
それを行動するジッセンジャー、小川雅弘さん。
そして、理屈王のくせに妙に素直な、舩井勝仁さん。

この3人が絡み合いながら進んで行く本なのですが、
3人の外側から立ち上がった新しい視座が、私たちに大切なことを気づかせてくれます。
対談本は面白くないものですが、この本は面白い。

一部抜粋してみましょう。

「 小川 
自分の中に世の中を変えるエネルギーが確かにあるということが実感できる、
そんな平和の祈りのイベントにしたいですね。

舩井 
祈りの本当の意味は「意乗り」だと聞いたことがあります。
愛は「天意」だともいいます。
まず、意識することからすべてが始まります。同じ挨拶をするという行為をみても、
それが強制なのか愛になのかで、全く違ったものになる。
・・・クリーニングを進めて、目の前の小さなことからでも、すべての行為を「天意」に沿った「意乗り」によるものにしていくことをみんなで目指していきたいものですね。

村中
メシアメジャーさんから日本語は完璧で、一つの言葉で多くの真実の意味を表しているから、うまく読み取るようにという趣旨のメッセージを何度も受け取っていますが、まさにそれですね。

舩井
すべての行動を祈りに基づいたものにするということなら、日常の目の前のことを大切にすればいいのではないか、
わざわざ集まって講演会を開いたりする必要はないのではないかという話になるかもしれませんよね。
講演会を開催したり講演しているのにこんなことをいうのはおかしいですが、
実は私は一人で読書をして理論を組み立てたり瞑想を楽しんだりする方が好きなのです。
 でも今は、人間は身体があるから人間なのであり、その身体をわざわざ運んで多くの有意の人たちが時空を共有することにはやはり大きな意味があると思っています。
全体で考えればまだまだ少ない有意の人たちが集ったときの共振共鳴のエネルギーは、すさまじいものがあります。
そのエネルギーを体感することが時代の変化を感じ良い世の中をつくっていけるという確信につながり、
また日常を大切にしてゆく原動力にもなるということを私自身が何度も体感させていただきました。

小川
本当にその通りで、本を読むだけではなく舩井幸雄先生の追っかけをして、直にエネルギーを体感させていただくことで、僕はここまで確信力を高めてこられたと思っています。

舩井
それから最近わかったことは、さっき阿波踊りのお話が出ましたが、ただ椅子に座って聞いているのではなくて踊りや音楽を一緒になって楽しむことが、どれほど爆発的なエネルギーを生み出すかということです。
 それを教えてくれたのは故忌野清志郎さんのRCサクセションの曲を演奏するMCサクセションのライブでした。
赤塚高仁さんと出路雅明さんという経営の第一線で活躍する二人が本気でロックするんです。
ロックなんて縁のない私ですから、普通なら関係ないからと遠巻きにみているところですが、なにせ魂の友人であるお二人なので聞かないわけにはいきません。ところが、それがメチャクチャ楽しくて、気が付いたら舞台に上がって一緒に歌っていました。自分の中にあったエネルギーが殻を破って立ち上がってくるという感覚ですね。
 この自分の中のエネルギーが立ち上がってくる感覚をどうしても皆さんと一緒に感じたくて、舩井フォーラムでの大懇親会ということでA.K.D(赤塚・勝仁・出路)ライブをさせていただくことにしました。
できれば、私のように「ロックなんて・・・」とおもっているおじさんたちにこそ来ていただき、殻を破ってもらえればとおもっています。

村中
最近勝仁さん変わられたなぁと思っていたんですが、そういうことがあったんですね。
とても楽しみですね。

舩井
はい。すでに京都の出路さんの会社で練習が始まっています。
・・・ただ、ライブはあってもいいと思いますが、私たちが開催しているような講演会は最終的にはなくなるのが一番いいとおもっています。みんながエゴではなく、自分の内なる神性とつながれるようになれたら誰かに教わる必要はないですよね。
・・・(引用ここまで)

 さまざまな出会いを繰り返し、今日までやってきました。
舩井勝仁さんと今日は博多に行きます。
何だか運命的な新しい出会いが待ってるような気がします。

  出会いこそ、人生の宝
       よき出会いを