光の魂たち 動物編 [s180422]

光の魂たち 動物編 [s180422]

販売価格: 1,728円(税込)

数量:

商品詳細

森井 啓二(著)2018/04/22(発売)

いま、私たち人類の生活が原因となって、
年間3万種もの貴重な生物種が地球上から絶滅していっています。
二元性が一つに統合され、
霊性の進化によって人と神が一つになる時代が始まろうとするいま、
私たちの学びの場である地球上の
「すべての生物に敬意を払い、慈しむ心を育み、大切にする」ために
視野を拡げていくことが必要です。
自然と調和して生きる動物たちから学び、
真実に忠実に、慈悲の心と勇気ある行動を選択することで、
すべての生き物が幸せに共存共栄する世界を実現することができるのです。
霊性進化による統合の時代の到来を目指すすべての人に贈る必読書。


もくじ

はじめに

第1章 繋がりあう命
・独坐大雄峰―小さなオランウータン「ウーディン」
・命がけで赤ちゃんを守りぬいた犬
・あるコヨーテの死と私たちの繋がり
・動物に学ぶ真の愛
・ゾウのキスと「拈華微笑」
・「ゾウに囁く人」の死と弔問客たち
・アムールトラを怖がらない勇敢な山羊
・ライオンと話す男
・親の愛と仔犬の扁桃体
・命をかけて飼い主を守った盲導犬
・分かち合いと求め合い―イラクの野犬ナブスの話
・世界一孤独なクジラを探して
・最後の一頭―ゾウとクジラの絆

第2章 失われつつある命たち
・白隠禅師とカヤネズミの冤罪
・カンガルーと「稽古照今」
・最後の野生馬の死去と戦争
・「白昼の死角」アフリカ最大級のゾウの死
・伝説の巨ゾウ「サタオ」の牙
・センザンコウ―世界で最も違法取引される動物
・絶滅の縁から帰還したモウコノウマ
・復活と絶滅―ハクトウワシとリョコウバト
・砂漠の天使スナネコと人工的環境での生活
・オリンピックの陰で
・「カルパ」ライオン狩りのための繁殖
・オルカとネイチャーネットワーク構想

第3章 命をいただくということ
・「眼横鼻直」と507歳の貝
・命をいただくということ―豚さん編
・命をいただくということ―牛さん編
・命をいただくということ―ロブスター・エビ編
・たったの40年で半減している海洋生物たち
・コガシラネズミイルカが激減する理由
・ゾウの身代わりになったカバたち
・命をいただき、命を繋ぐ

第4章 自然界に心を寄せる
・マイクロプラスチックと「木喰草衣心似月」
・消えゆく赤トンボと農薬基準の大幅緩和
・復活したバーバリーライオンと人間の「増上慢」
・バイオレメディエーション―環境を浄化する生物たち
・動物たちに救われる未来―鳥の翼とウィングレット
・バイオインスピレーションと世界最強の歯
・宿主の脳を操る寄生虫
・嫌われ者のヤスデが人を救う
・「火裏に清泉を酌む」聴覚世界一の生物
・昆虫の心の痛み
・裁判所の犬たち
・薬草と話す動物たち
・「天私無」鳥が空を飛ぶ権利
・地球上最強の生物クマムシのDNA

第5章 拡がる光、霊性進化への道
・捨て猫と捨て人―徳川綱吉と「生類憐みの令」
・心の光と崇高な目的―チンパンジーとトロール人形
・ミスター・サバイバー「欲窮千里目更上一層楼」
・亡くなった子供を抱き続けるゴリラのお母さんたち
・本当の自由を得るために必要なもの
・三毛猫のオスと人のクラインフェルター症候群
・聖徳太子とウォンバットの四角いうんち
・「火裏蓮花朶々開」常識の枠を拡げる
・虚弱な身体と強い心―ロメラの物語
・命をかけてゴリラを守る人たち
・中国の犬肉祭から犬たちを救う女性
・一人で密猟組織に戦いを挑んだ男
・善意の連鎖―目の不自由な猫ちゃん米国横断の旅
・最敬礼の中で天国へ向かった犬
・紅葉の葉の裏表―クマ牧場からの生還

おわりに

商品詳細

著者 森井 啓二(もりい けいじ)
発売日 2018/04/22
サイズ 単行本(ソフトカバー) 四六判
ページ数 265ページ
ISBNコード 978-4-434-24583-1