ゼロ・フィールド・システム がん研究者が自ら体験したガン克服法 [s160522]

ゼロ・フィールド・システム がん研究者が自ら体験したガン克服法 [s160522]

販売価格: 1,620円(税込)

数量:
松野 哲也(著)2016/5/22(発売)

潜在意識を超えて宇宙とつながることで、
ガンを治していく道が拓ける!

生化学者として
「ガンを治す夢の新薬」を開発すべく
日本、そしてアメリカで
長年研究を続けてきた著者が
自身のS字結腸ガンを
現代医療の対症療法的な治療に頼ることなく、
治癒に至る方法を模索し、
ついに完治にいたった道のりを
あますところなく開示する一冊。


♪著者プロフィール

松野 哲也(まつの てつや)
1942年横浜市生まれ。
東京大学・理学部・生物化学科卒。同大学院博士課程修了(理学博士)。
慶応義塾大学・医学部・分子生物学教室特別研究員。
1976年国立予防研究所(現・国立感染症研究所)室長。
ウイルス・ワクチンの国家検定で保健行政に関与。
その一方、がんの基礎医学的研究や抗がん物質の探索に従事。
1996年渡米。コロンビア大学ガン研究センター教授。
現在はニュージャージー州でLaboratory of Noetic Scienceを主宰。

専門書以外の著書に『ガンは怖くない』(中央アート出版社)、
『癌では死なない』(共著 ワニブック[PLUS]新書)、
『プロポリスでガンは治るのか』(中央アート出版社)、
『がんは誰が治すのか』(晶文社)、『現代医療を超えて』
『病気をおこす脳 病気をなおす脳』(中央アート出版社)、
“Propolis”(M.P.I.), “O EFEITO TERAPEUTICO DA PROPOLIS”
(Copladora e Grafica Ltda.)等がある。


♪もくじ

プロローグ

第一章 私たちには本来治る力が眠っている
・乳ガンが数時間で消える
・ガンに愛を送る
・心機一転して新しい世界に生きる
・甲状腺ガンが消える
・子宮頸ガンが治る

第二章 「ガンは怖い」という神話
・なぜガンで死ぬ人が多いのか
・ガン化の原因
・乳ガンの発症
・手術でガンは治るのか?
・抗ガン剤治療
・現代医療の現実と正しい付き合い方

第三章 すべての根源を知る
「ゼロ・フィールド」・「量子真空」・「空」・「あの世」

・素粒子物理学の展望
・「真空場」
・量子真空(ゼロ・フィールド)
・無(真空)の正体

第四章 生命の創出・自己組織化
・チベットのマンダラ理論「ゾクチェン」
・ゾクチェンが描く生命の成り立ち
・「気」
・「縁」
・「運」
・ソンディの運命論
・「ゼロ・フィールド・システム」

第五章 私のガン体験
・「ゼロ・フィールド・システム」のフィードバック
・私のガン体験
・プロポリスとの出逢いとアメリカでの研究
・わが身を実験台にする
・カウントダウン呼吸法
・ヴィパッサナー瞑想と意識の変化

第六章 ガンの処方箋
・飲み易く吸収されやすいプロポリス抽出液
・歓ぶ
・「A10神経」
・宇宙と繋がり感動する
・「カウントダウン呼吸法」
・「ヴィパッサナー瞑想」
・臨死体験での深い気づき
・エイズウイルスが消えた!
・ガンが治るのは結果に過ぎない

第七章 ガンが良好な経過を辿った例
・抗腫瘍免疫態勢の誘導
・症例のいくつか

補遺 プロポリス

エピローグ

商品詳細

著者 松野 哲也 (まつの てつや)
発売日 2016/5/22
サイズ 単行本(ソフトカバー) 四六判
ページ数 231ページ
ISBNコード 978-4-434-22045-6