奇蹟の大麻草 〜人類への贈りもの〜 [s140928]

奇蹟の大麻草 〜人類への贈りもの〜 [s140928]

販売価格: 1,620円(税込)

商品詳細

中山 康直(著)2014/09/28(発売)


♪著者プロフィール

中山 康直

1964(昭和39)年、静岡県生まれ。
幼少の頃より大和精神文化の影響を受け継いで育つ。
1996年、戦後民間では初めて「大麻取扱者免許」を取得。
環境・伝統文化・歴史民族についての麻の研究をベースに
「縄文エネルギー研究所」を設立。
麻産業のコンサルタントやヘンプ製品の開発業務を行う。
1997年、丸井英弘弁護士と「麻エネルギー研究開発学会」を設立。
2002年、ヘンプオイルで日本を縦断したヘンプカープロジェクト
2002実行委員長兼運転手を務める。
2003年、「地球維新」という環境と平和をテーマにした
TVドキュメンタリー番組を企画し、大きな反響を得る。
2008年、を地球維新元年と銘打ち、様々な講演会、
イベント企画、番組プロデュース、企業コンサルタントを通して、
誰もが楽しめる社会を提言。
現在、「宇宙」「地球」「生命」という
壮大なテーマへの探究と学術、芸術、氣術を統合した
実践活動を行っている。
著書『麻ことのはなし』(評言社)、『地球維新』(明窓出版)、
『2012年の銀河パーティ』(中丸薫との共著・徳間書店)など。

【HP】http://www.taimasou.jp/
【e-mail】johmon@d6.dion.ne.jp
【いやさかの会】http://www.yaei-sakura.net/
【アサノハ】http://www.ooasa.jp


♪もくじ

1.原子力から大麻力へ
 ・原発のある町に生まれて
 ・闇の中の光の神秘体験
 ・宇宙の図書館へ
 ・運命の麻の糸(意図)
 ・大麻取締法から大麻取扱法へ
 ・「宇宙連合」という言葉の定義

2.大麻の改新 大麻に有害性はあるのか?
 ・大麻新時代突入へ
 ・大麻合法化で税収増加
 ・大麻は自然の植物である
 ・医学的に見た大麻の本質
 ・大麻は安全な薬草
 ・大麻の作用に関する研究報告


3.日本大麻が「濡れ衣」を着せられていった背景
 ・戦争利権社会と大麻規制
 ・大麻にまつわる暗黒歴史
 ・日本の占領政策の陰で 
 ・大麻の復活は大和魂の復活である

4.人類文化を支える麻の恵み
 ・麻と米の文化を思い出す
 ・人類社会を結ぶ麻褌
 ・日本人の生活の中にある大麻
 ・大麻文化復活の取り組み

5.未来を開く完全地球食「麻の実」の力
 ・縄文時代からの伝統健康食
 ・完全食としての自然のバランス
 ・不老神仙の長寿食と長寿村
 ・麻の実に含まれる抗酸化物質「カンナビシンA」
 ・秘境パワースポットに群生する大麻草
 ・麻の種から命の花へ
 【資料】諸外国における麻の実食品とCBD製品

6.大麻の力で走るヘンプカー
 ・ヘンプカープロジェクト
 ・ヘンプカーの正体 
 ・ヘンプカーシステム
 ・ヘンプカーの足跡
 ・未来のヘンプカー

7.天地を紡ぐヘンプカー巡礼の旅
 ・ヘンプカープロジェクト2013
 ・日本の魂から始まった近畿巡礼ツアー
 ・忍者の地から奈良の地へと咲くヘンプカー
 ・一粒が万倍となる生命の道
 ・東北の真の復興を目指すヘンプカー
 ・燃料費を消費から投資に変革する仕組み
 ・ディスクロジャーとなるヘンプカーの発進
 ・麻の道を行くヘンプカー
 ・東北の復興と日本の復活

8.世界の大麻事情
 ・大麻ビジネスの可能性
 ・最高級のマリファナとは?
 ・世界の大麻事情2014
 ・大麻の開放に向かう世界

9.「大麻取扱者免許」という箱舟に乗る
 ・免許制として残った大麻栽培の文化
 ・大麻が重要な農作物であるという法的根拠
 ・大麻取扱者免許の概要と状況
 ・大麻栽培者免許取得のポイント
 ・大麻栽培から始まる日本の新たな建国

10.軍産複合体から麻産連合体へ
 ・戦争産業から平和産業へのシフト
 ・大麻の多様性が生むヘンプラッシュ
 ・世界の要人が大麻に目覚める時
 ・民衆の力が政治の力を抱く時
 ・民意から興る「あさじゃないか」ムーブメント

商品詳細

著者 中山 康直(なかやま やすなお)
発売日 2014/09/28
サイズ 単行本(ソフトカバー) 四六判
ページ数 250ページ
ISBNコード 978-4-434-19862-5