すばらしきかな日本 -伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」- 物部尾輿(もののべおこし)編 [e130608]

すばらしきかな日本 -伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」- 物部尾輿(もののべおこし)編 [e130608]

販売価格: 514円(税込)

♪すばらしきかな日本
  -伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」-
          物部尾輿(もののべおこし)編

作 : 大下 伸悦(おおした しんえつ)

単行本 : 32ページ
出版社 : 新日本文芸協会 A5版
企画制作 : えばぁプロデュース
言語 : 日本語
発売日 : 2013/06/08

♪内容紹介

尾輿による伊勢神宮への奉納文には、
「おほくにぬしのおおかみ」「すせりひめのみこと」とある。
漢字を充てれば「大国主の大神」と「須勢理毘売の命」。
3行目は奉納者の名前、「ものへ/おうむらし/おこし」、
物部/大連/尾輿ご本人である。
(ご本人は「もののべ」とは書いていない。
            「ものべ」)といっている)
千四、五百年前当時の「おおくにぬしのおおかみ」の
ご威光いかばかりか、ということがよくわかる。
なお、「すせりひめ」とは「スサノオのみこと」の姫神にして、
大国主の后である・・・。
この国の祭祀の最高位にあった尾輿は、
伊勢の「あまてらすおおみかみ」の神域に、
出雲系の神への祈りを捧げたのである


♪Profile
大下伸悦

言霊研究家。作家:作家名小滝流水。
楽しく生きる会会長。21世紀幸塾専務理事。
GOPグリーンオーナー倶楽部主宰、新日本文芸協会顧問。
著書:『生活費を下げて健康になる』(新日本文芸協会/
きれい・ねっと)『いま蘇るコトダマの奥義(船井勝仁氏との共著)』『食料危機?え次元言霊と自然農』『つきの玉手箱』
『母が遠くへ行かないうちに』『親子のかたち』
『風ぐるま・水子がかぜに』『PSA特性診断ツール』他。
小滝流水の名で、詩、俳句、俳画も発表。俳句の森主宰。
1949年、岩手県久慈市生まれ。


―伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」―
         (物部尾輿編)


☆ミニブックシリーズは送料100円にてご注文を承ります!!