病父を尋ねて三百里 [s100930]

病父を尋ねて三百里 [s100930]

販売価格: 1,543円(税込)

数量:
♪実話 病父を尋ねて三百里
    豊後国の二孝女物語

作 : 橋本 留美 (はしもと るみ)

単行本(ソフトカバー) : 128ページ
出版社 : 新日本文芸協会; A5版
言語 : 日本語
ISBN-13 : 978-4-434-14776-0
発売日 : 2010/09/30

♪内容紹介

二孝女悲願成就200年、
親鸞聖人750回忌記念におくる、
親孝行姉妹の感動の物語。(英文要約付き)

豊後国(大分県)の若い姉妹が
病の父を尋ねて命をかけた旅に出る。

2ケ月にわたる苦難の旅の末に、
常陸国(茨城県)の古寺で7年ぶりの再会を果たすが――。

(帯文より)

『マインドコントロール2 今そこにある情報汚染』
(池田整治著・ビジネス社)で「すばらしい江戸文化」と
紹介された話題書です。


♪Profile

橋本留美(はしもと・るみ)

1970年、茨城県久慈郡水府村(現常陸太田市)生まれ。
横浜国立大学大学院国際経済法学研究科修了。
国際協力NGOのインターンシップ終了後、
シンガポールに渡り、シンガポール松下モーター社
勤務などを経て帰国。

共同経営者として翻訳会社を設立、運営する。
その後出産を機に引退し、
現在は翻訳者、編集者、ライターなどとして活動中。

リュウメイズ企画代表。新日本文芸協会理事。