新刊案内

送料無料商品です。

山内尚子ブログ「こころの宝物」

23年目の新月の日に

断捨離の一環で

古いブログを順次閉じているのですが

ちょうど今朝早くに

このブログが目に留まりました。

 

阪神大震災から23年。

 

記憶というのは

薄れていくもので

それはすばらしいギフトだと思う。

 

あの時のことにしても

歴史的な様々な悲劇にしても

ただ、忘れないようにしよう

教訓にしようというのは

すこし違う気が、私はしています。

 

本当に忘れちゃいけないことは

 

っていうか

あの時思い出したことは

なんなのかな……。

 

私なりに出した答えは

たぶん間違ってはいないだろうと

眠れない朝に

この記事と出逢うことで

感じることができました。

 

以下、祈りをこめて

引用したいと思います。

 

*****************************

 

阪神淡路大震災から19年目の朝
あの日あの場所にいた一人として
静かに祈りをもって過ごしました。

昨年から311の真実の物語

『命のづきに大事なこと』を
朗読させていただいているのですが

 

私自身もあのとき

神戸を歩いた経験を書いたエッセイが
2010年の拙著

『こころの宝物』に掲載されています。

忘れることは、悪いことじゃない。
だけど、

忘れちゃいけないこともある。

私たちの幸せには、

気づくもの気づかないもの含め
支えてくれる

たくさんのいのちがあるということ。
心からの感謝を、

そして祈りをもって
今日も、そしてこれからも
いただいたいのちを

大切に生ききりたいと思います。

◇幸せを支えるもの

五千人以上の犠牲者を出した阪神大震災から、

はや15年以上の時が流れ
震災後すぐに生まれた甥も、

この春高校生になりました。
私の自宅は、

同じ兵庫県でも

ほとんど被害のない地域だったのですが
ちょうどその時、

私は偶然友人と一緒に

神戸の真ん中にいあわせたのです。

あまりにも大きな揺れに、

最初は何が起こっているのか分かりませんでした。
幸い、友人も私も無事でしたが
ほんのさっきまで

平和の中にあった静かな家並みが
目の前で、

大音響とともにものすごい勢いで倒れ、

壊れていきました。

今も私の目に焼きついて離れない
もうもうとあがる砂煙と、

その上にある真っ黒な空
雑多なものが焼け焦げた匂いと、

どこまでも続く瓦礫の山 
人が作ったもののはかなさを、

見せつけられているようでした。
目をそらしたくても、

そらす場所すらなかった。

いったいこれからどうなるんだろう 
余震のたびに感じる恐怖
夜になると襲ってくる、

どこかに落ちていくような、

途方もない不安

どこからか助けてと叫ぶ声がしても、

行くこともできず
もし行くことができたところで
何ひとつできることのないだろう、

みじめな自分……。 

あのとき、私たちは、

悲しいくらいに無力でした。

避難場所になっていた小学校には、

とてもたくさんの人々が集まっていて
何をするにも長い長い列ができました。

あるとき、そんな何かの列に、

疲れきってぼんやりと並んでいた私の耳に
力強い声が響きました。

「後ろに子供がおるから、入れたって」 

「おばあちゃん大丈夫か?

 誰か椅子のかわりになるもんないか」 

「お医者さんもうすぐ来るからな。がんばろうな」

それは、ほとんどが

レスキュー隊でも警察でもない、

ごく普通の人たちの声でした。
おそらくみんな、家も仕事も失っている。
大切な人を失った人だって、

たくさんいたと思う。

そんな苦境の中で、

家族でもなんでもない
たぶん知り合いですらない人たちが、

声を掛け合い
驚いたことに、

ほとんどの人がちゃんとそれに従っていました。
時々、怒鳴っている人もいたけれど、

たしなめる人もいた。

気がつくと、

張り詰めすぎて忘れかけていた涙が、

ぽろぽろと流れていました。

大丈夫。

 

私は一人ぼっちじゃない。

それは私にかけられた

声だったわけではありません。 
けれど私は、

いえ私だけではなく

あの場にいたたくさんの人々が
間違いなくあの声に助けられていました。

震源もはっきりせず、

食料やお布団がどうなるかも

分からないような状態で
夜は灯り一つなく、

何も誰も見えなくなっても
あの声があったから、

私は小さな安堵の心をもって、

恐怖に自分を見失わず
人として存在することができたんだと思います。

もちろん、

そんなことを感じる間もなく、

亡くなった方も多い。
逆に深く人に傷つけられた方もいると思う。

 

今だって地震にかぎったことではなく
時間だけで癒せるものではないような
孤独や傷を抱えている人も

たくさんいらっしゃることでしょう。

けれど、そんな不公平な状況の中で
運にも恵まれ、

今、こうしていのちを長らえてみて
何がいちばん大切なのかと問われたとき

私はあの優しくも力強い声だと伝えたい。

寸断された道路で、

お互いが滑らないようにと支えあった
見知らぬ人の手のぬくもりだと伝えたい。

今となっては名前も顔も分からない
恩人である声の主に、

直接感謝を伝えることはかなわないけれど
今度は私が、

真摯な生き様で、

言葉で、

伝えていきたいと思っています。

大丈夫。

 

あなたは一人ぼっちじゃない。

どんな状況にあっても
そんなものがいのちを、

幸せを支えているんだと、

私は心から信じています。

『こころの宝物 幸せなあなたに出逢う旅』より

http://kilei.ocnk.net/product/37

 

 

今日は新月ですね。

 

大丈夫。

 

わたしたちは

一人ぼっちじゃない。

 

その先にあるのは

もう誰一人

犠牲になることのない

喜びの道

 

いまこそ

新たな時代を

みんなで

はじめていきましょう。

 

 

さあ、大切な打ち合わせに

出かけてきます。

 

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

     ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年2月1日(木)

醸せ師・柿本恭子
☆発酵プラス食養生ワークショップ☆

☆Lesson3 : 納豆で血液サラサラ・アンチエイジングも!

13:30〜16:30 京都mumokutekiホール

私もすこしお話しさせていただきます♪

http://kilei.net/event/2018-02-01/

 

☆きれい・ねっと新刊

お月さまからのメッセージ

   いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密

           (片岡航也著)

現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
            https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************